会員登録をして最初におこなう日程調整ページのつくり方について解説します。

最初に会員登録をしてダッシュボードを表示

日程調整自動化サービスJicooに会員登録をしたら、まずホーム画面から予約ページを作成しましょう。

予約ページで入力をした内容はゲストと日程調整をおこなうページに反映されます。

ホーム画面から予約ページを選択

最初にホーム画面が表示されますので、左の項目にある「予約ページ」を選択します。

それ以外にも決まった予定の一覧が表示される「スケジュール」、連携するカレンダーを設定できる「カレンダー設定」も選択することができます。

予約ページを確認

予約ページが用意をされていますので、予約ページを編集をおこないます。

予約ページを編集

まずは、予約ページのアイコンをクリックして、「予約ページを編集」に進みます。

基本設定を編集

予約ページの名前を設定します。打ち合わせの内容に合わせて、名前を決めます。また、カテゴリーを選択します。

カバー画像・ロゴ画像

Proプランになりますが、カバー画像、ロゴなどのブランディングも可能です。

Jicoo 日程調整 予定タイプ

ロケーションの選択

続いて、ロケーションを選択します。

  • 対面

  • Zoom(事前にアプリ連携でZoomと連携します)

  • Google Meet

  • 電話

  • カスタマイズ

複数選択肢を用意することも可能ですし、1つだけ選ぶこともできます。打ち合わせの目的に応じて、選択肢を決めます。

説明文の入力

日程調整の補足事項や、注意事項を任意で記載できます。
当日のアジェンダや、持ち物、補足事項などを記載します。

Jicoo 日程調整 予定タイプ

完了ページメッセージ

日程調整が完了した後に表示される画面に表示するメッセージを入力します。

所要時間、時間間隔

今回のミーティングの時間を指定します。15分〜120分まで任意で指定することができます。また、ミーティングの間隔も指定することができます。

公開範囲、メンバーの選択

外部に公開するためには、「全体に公開」を選択します。また、今回のミーティングで、予定を連携するメンバーを選択します。
(画像は1名のみとなっています)

情報を確認して、最後に保存

入力した情報を確認して問題なければ、保存します

プレビュー

作成した予約ページをプレビューでチェックします。

日程調整ページ

日程調整ページが表示されます。

このページでゲストと日程調整をおこなうことができますので、URLをコピーしてメールや、メッセンジャーなどで連絡をします。

作成したページでゲストは10秒程度で日程調整を完了することができます。

回答が見つかりましたか?